【Domo】利用シーンごとの、カードコピーの使い分け 2019年08月09日 2019年08月09日

はじめに

Domoではカードをコピーする機能が「コピー」「ページに追加」「名前を付けて保存」「カードを複製」の4種類もあり、どれを使うか迷うことはありませんか?
4つのカードコピー機能を利用シーンごとに整理してみました。

1_11

 


1.実態が同じになるコピー

特徴

どちらか一方のカードを操作すると、もう一方にも反映される

利用シーン

複数ページに同じカードを配置し、一括で複数のカードを管理する場合

 

操作方法

1つのカードをコピーする場合と、複数のカードを一括でコピーする場合の2パターンあります。

1-1 コピー

1.カードのレンチマークから「移動/コピー」をクリック

1_1

2.コピー先を選択し、「保存」をクリック
※選択されたページが1つのみの場合、移動とみなされるため、
デフォルトで入力されているページ項目は消さないでください。

1_2


1-2 ページに追加

1.右上のメニューから「管理者」をクリック

1_3

2.左側のメニューから「カード」をクリック

1_4

3.コピーするカードを選択し「編集」から「ページに追加」をクリック

1_5

4.コピー先を選択し、「ページに追加」をクリック
※カードの削除をする場合も、全てのカードに反映されてしまうので
後述の2.実態が異なるコピーを実施してから削除してください。

1_6


2.実態が異なるコピー

特徴

コピー元とコピー先をそれぞれ独立させる

利用シーン

同じDataSetから、異なるカードを作成する場合

 

操作方法

1つのカードをコピーする場合と、複数のカードを一括でコピーする場合の2パターンあります。

2-1 名前を付けて保存

1.カードのレンチマークから「名前を付けて保存」をクリック

1_7

2.カード名の入力と、コピー先を選択し、「保存」をクリック

1_8


2-2 カードを複製

1.右上のメニューから「管理者」をクリック

1_3

2.左側のメニューから「カード」をクリック

1_4

3.コピーするカードを選択し「編集」から「カードを複製」をクリック

1_9

4.コピー先を選択

1_10


まとめ

  • カードコピーは2種類があり、利用シーンごとに使い分けることができる

利用シーンと機能

複数ページに同じカードを配置し、一括で複数のカードを管理する場合は、
「コピー」と「ページに追加」を使う。

コピー    :“実態が同じ”1つのカードのみコピーすることができる

ページ追加  :“実態が同じ”複数のカードを一括でコピーすることができる

利用シーンと機能

実態が異なるカードを作成する場合は、
「名前を付けて保存」と「カードを複製」を使う。

名前を付けて保存:“実態が異なる”1つのカードのみコピーすることができる

カードを複製  :“実態が異なる”複数のカードを一括でコピーすることができる