【Domo】エクセルデータの取り込み -後編- 2019年07月05日 2019年07月05日

はじめに

前編に引き続きDomoにエクセルやスプレッドシートシートのデータを取り込む場合のノウハウを紹介します。
ここでは、エクセルを例にセル結合されたされたデータの取り込み方法を3つお教えします。

5_1


考え方

■分割して取り込む

元のエクセルをそのまま用いてDomoで加工する方法です。

  1. 同じ分類(地域-中-)ごとにセル結合されていない列を範囲指定し、Domoへ取り込みます。
  2. ETLで「定数を追加」タイルを使用し、「地域-大-」と「地域-中-」列を追加します。
  3. ETLで「データの結合」タイルを使用し、1.で分けたデータの結合をします。

5_2

Point:この手順は、エクセル行が追加・削除されてしまうとDomoの取り込み範囲が変わるため設定のし直しが必要となります。よって、エクセル行が変わらないことが分かっている場合にのみ有効です。

■元シートを加工する

元のエクセルを加工したうえでDomoに取り込む方法です。

  1. 元のエクセルに新規列「地域-大-」と「地域-中-」を追加します。
  2. セル結合されていない列を範囲指定し、Domoに取り込みます。

    5_3Point:この手順はDomoのETL処理が不要なのでお手軽ですが、現行のエクセルを加工することが許される場合にのみ有効です。
■マスタを用意する

元のエクセルとは別にマスタを作成し、Domoで結合させる方法です。

  1. マスタデータを作成します。
  2. Domoに「元データ」と「マスタデータ」を取り込みます。

ETLで「データの結合」タイルを使用し、結合します。
※この時、「都道府県」列をキーにしてください。

5_4

Point:この手順は、エクセル行の追加・削除や分類(この例では地域-大や地域-中)が増えた場合もマスタを修正するだけでDomoの処理を変えなくてもよいため、エクセルデータの変更が予想される場合にオススメです。


まとめ

工夫次第で、データ取り込み時の問題を解決することができます。

皆さんの運用に合った方法を選択し、試してみてください。